「アロマを通じて頑張る人を救うことができたら」~くいしんぼうセラピスト・宮崎聡子さん~

2014.07.02 (水)
DSC_2713

あと数週間もすると梅雨も終わり、
夏休みに旅に出る人も多いと思うが、
「旅先に持って行くとよいアロマがありますよ」と教えてくれる方がいらっしゃったので
インタビューさせてもらった。

 

お話をうかがったのは、僕がブログを始めるきっかけになった「かさこ塾」の2期生、宮崎聡子さん。
彼女は「くいしんぼうセラピスト」の肩書きのもと
ヒマラヤで収穫された原木から抽出した精油「ヒマラヤエッセンシャルオイル」
の日本での販売代理店をされていて、
エッセンシャルオイルやキャンドルの販売のほか、
イベントでヒーリングのワークも行うセラピストとしても活動している。
DSC_2713

 

「旅行先で体調が優れない時に使えるような香りを教えて下さい」とお願いしたところ、
「ヨモギ」「和ハッカ」「ブルーカモミール」「ユーカリ」の4種類を勧めて頂いた。

 

ヨモギには虫よけや厄除け、神経を落ち着かせる効果、
和ハッカには虫よけ、虫に刺された場所に塗るとかゆみを抑える、
ブルーカモミールには消毒や鎮静効果、ユーカリには息苦しさや咳などを呼吸器への効能
がそれぞれあると言われているそうだ。

 

例えば、旅先のホテルの部屋で「なんか変な感じがする」と思ったらヨモギ、
外出時の対策としては虫よけに和ハッカ、
怪我をしたときにはブルーカモミール、
さらに息苦しい時にユーカリを使えば完璧かもしれない。

 

宮崎さんは、
「偶然出会った“ヒマラヤエッセンシャルオイルが”素晴らしかったので、
これなら(人に)お勧めできるから販売もやってみようかな」と思い、
代理店契約を結んだとことだが、そのあたりの経緯を詳しく尋ねてみると、
そこに至るまでには山あり谷ありの日々があったことが分かった。

 

大学卒業後、洋服が子どもの頃から好きだったこともありアパレル業界に就職。
とある有名ブランドの販売員として様々な百貨店で仕事をこなす日々が続いたが、
彼女の言葉を借りるなら「ひょんなきっかけ」から店長をすることになったという。

 

しかし、数多くの店舗を展開するそのブランドで女性店長はごく少数。
実際に店長として仕事をこなそうとすると、妬みややっかみから、
「本社の店長会議には出席しなくていいよ」、
「店長候補には40代男性を考えていたから、女性なんて求められていないんだよ」
など人格を否定されるようなパワハラを受け、
特に販売で全国1位の表彰を受けて更に嫌がらせが酷くなった頃には精神的に参ってしまった。

 

それでも頑張り屋の彼女が仕事を続けると今度は体に変調をきたし、
最終的には2012年の春、出勤途中に東京駅で倒れる事態にまで陥った。
医師にはパニック障害との診断を受け、数ヶ月もわたる休職ののち、退社することに。

 

複数の種類の薬を飲んでいた療養中は全く動けず、突然の発作にも苦しんだが、
少しずつ快方に向かうなか、自宅近くの茅ヶ崎のイベントで出会ったのが
前述の「Thousand Snow」というブランドのアロマオイル。
DSCN9388

 

香りをかいだ瞬間、
「何だかよく分からないけど、これ絶対体に良いに違いない」
と直感的に分かったという。言葉にすると「脳が揺れるような感覚」だったとのこと。

 

すぐにこのアロマオイルが欲しくなり、
そのイベントで知り合ったマッサージの先生に購入方法を聞いてみると、
「日本で唯一の輸入元を紹介しますよ」と言われ、
その翌々日には日本での輸入を一手に取り仕切る「QUSUYAMA LLC.」の社長に会うことに。

 

それまでの自分に起こった出来事や、アロマの香りに運命的な何かを感じたことなどを伝えると、
とんとん拍子に話が進み、社長から「代理店やってみない?」と誘われ、
アロマの販売はもちろんのこと、蜜蝋からアロマキャンドルを作って販売まで手掛けるようになった。

 

もともと、アパレル業界ではトップセールスをこなしていた彼女は、
過去の販売の経験を活かして更にアロマの世界にのめり込み、
現在ではヒーリングイベントに出店、アロマを使ったヒーリングセラピーもこなすほか、
ハーブティを使った対処療法やヨガにも精通している。

 

そんな宮崎さんにアロマの世界に踏み込むきっかけとなった2012年当時の出来事について尋ねた。
すると
「私は仕事を頑張りすぎて、自分の精神状態や体調を正確に把握することなく病気になったが、
そうなる前に セルフケアで自分のことをもっときちんと知っていれば対処する方法があった」
と当時を振り返った。

 

さらに、
「今は断薬したが(パニック障害が)完治することはない。世の中で仕事や家事、育児などに頑張る
私と同じような境遇の女性を、アロマを通じて気持ちを切り替えることや
ライフスタイルを変えることで救うことができたら素晴らしいと思う」
と力強く語ってくれた。

 

断薬に関しては、2013年の5月に自力で行った。
それまで1年間薬を飲んでいたが、薬を飲み続けるのが辛くなり、自分で少しずつ減らして止めた。
薬を止めた一番苦しい頃、その代わりに助けになるナチュラルなものを探し、
アロマオイルとハーブを使い始めた頃、
幸いにもヒマラヤエッセンシャルオイルと出会ったのだった。

 

そんな「くいしんぼうセラピスト」の彼女に、
インタビューの最後に美味しく料理を楽しむコツについても質問してみた。
「料理を美味しくするものは素材やシェフの腕だけではない。
美味しく食べられる人と一緒に楽しむことが一番大切だと思っている」
という答えが返って来てた。

 

それを聞いて、
「人生を楽しむのも、充実した仕事をするのも、
共感する人々に囲まれてこそではないだろうか」
そう思った一日だった。

 

これからの宮崎さんのご活躍を心から願いたい。

 

【宮崎聡子(みやざきさとこ)】
▽生年月日:1978年4月9日生まれ。
▽血液型:B型
▽1997年に都立小金井北高校を卒業後、東京家政大学服飾美術学科に入学。
卒業後、2001年5月に某アパレルメーカーに就職。
全国売上1位の店舗での勤務や会社の表彰(1ヶ月の売上が1億円を越えたことも)などを経て、
2012年に通勤中に突然倒れパニック障害と診断。療養後、2013年の12月から仕事復帰

 

▽宮崎さんが扱うアロマブランド「THOUSAND SNOW」の
日本の輸入元「QUSUYAMA LLC」のアロマオイルのページ
http://www.qusuyama.jp/dept/himalaya.html
▽宮崎さんのBLOG:http://s.ameblo.jp/cinnamon-shokai/

 

はにわツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/haniwat
はにわフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://www.facebook.com/satoshi.haniwa

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「アロマを通じて頑張る人を救うことができたら」~くいしんぼうセラピスト・宮崎聡子さん~

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@haniwap.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP