写真撮影が恥しい方へ

2016.10.25 (火)
20160527-20160527-DSC_4586

写真撮影が恥しい方へ

 

ジェンダーフリーカメラマン、はにわさとしです。

 

おかげさまでプロフィール写真撮影、セミナー撮影、サロン撮影、イベント撮影、運動会撮影など色々な場所やシチュエーションでお写真を撮らせて頂いています。

 

お撮りするもの、お写真を撮られ慣れている方、そうでない方など様々です。

 

今日は「写真を撮られるのが恥ずかしくて苦手」
という方にちょっとしたコツをお伝えします。

 

「ご自身写真を撮られている姿を見られるのがとても恥ずかしい」
「どんな表情、どんなポーズを取れば良いのかわからない」

 

こんな風に思ったことはありませんか?

 

そんな時の解決方法は簡単。

 

ご自身の肩書きやお名前を
改めて自分に付けてあげれば良いのです。

 

例えば「セラピスト」「講師」「トレーナー」など様々な職種があると思いますが、
その肩書きを自分にしっかり付けてあげたり、思い出してあげれば良いのです。

 

そして写真撮影の目的を考えましょう。

 

プロフィール写真であれば、
あなた自身のプロフェッショナルとしての魅力を伝えるためのツールとして
写真を使うのですよね。

 

「セラピスト」の方であれば、悩んでいるお客様に対して、
普段どんな表情で、どんな言葉がけをされていらっしゃるでしょうか。

 

「講師」の方であれば、受講生に何をお伝えして
どんな風になってもらいたいでしょうか。

 

頭でちょっとこんなことを考えるだけで、
意識は「写真を撮られていて恥ずかしい」という自分にフォーカスしている状態から、
「お客様にどうしたら良いだろうか?」というクライアントさんに焦点が変わります。

 

すると気がつけば恥ずかしさなど吹き飛び、
しっかりプロの表情や仕草が出来上がっているのです。

 

僕は、プロフィール写真をお撮りする時にお客様に対して
「◯◯さんはどんなお仕事をされていらっしゃいますか?」
「◯◯さんはお客様にどんな風に接していらっしゃいますか?」
など数々の質問をして、
最初に書いた「肩書き付け」「名前付け」を行います。

 

その効果は抜群です。

なので、もし「写真を撮られるのが恥ずかしい」という方は、
自分に対して肩書き付け、名前付け、という作業をしてみるのも
緊張や恥ずかしさを取り除くひとつの手段になるかもしれません。

 

あなたの肩書き、あなたのお名前はなんですか?

 

プロフィール写真撮影にご興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

体験インタビューにご興味のある方はこちらをご覧ください。

 

はにわツイッター(お気軽にフォローどうぞ)
https://twitter.com/haniwat
はにわフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。メッセージを添えて頂ければ承認致します)
https://www.facebook.com/satoshi.haniwa
はにわYou Tube(チャンネル登録よろしくお願いします)
https://www.youtube.com/user/haniwatravel
bottiフェイスブックページ(はにわのお仕事のページです)
https://www.facebook.com/haniwa.botti/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 写真撮影が恥しい方へ

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@haniwap.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP