自分のことをきちんと伝える、というお話

2016.11.28 (月)
20160527-20160527-dsc_4586

【自分のことをきちんと伝える、というお話】

 

先日インタビューしたある方がこんなことをおっしゃっていました。

 

「自分のことをお客様にPRしようとすると、
 自慢話みたいに取られないか心配です」と。

 

その方(Aさんとしておきましょう)は、施術を通してクライアントの方の体を楽にし、
健康状態を保つお手伝い、などを主な事業内容としている方。

 

僕はAさんに、

 

「そういう謙虚なお心持ち、素晴らしいですね。
 そこもAさんの魅力のひとつだと僕は思います」

 

「そういうお心持ちであれば、
 伝えられた方も”自慢話をされている”とは感じないと思いますよ」と言いました。

 

すると、Aさんは「自分が、自分が、っていうあの感じが苦手で」と続けます。

 

なので僕は
「きちんとAさんがされていること、その才能や考えていらっしゃること、
 それらを伝えることが、困っているお客さんのためになると思います。
 そのためにこのインタビュー記事を活用してみてください」とお伝えしました。

 

僕たち日本人の間には謙虚さという素晴らしい資質がある一方で、
その方が持つ才能や特技を自身で伝えようとすると
「自慢している」と捉えられる場合もあります。

 

そんな時こそ、
第三者の視点で書かれたプロフィール文やインタビュー記事が
必要なのかもしれませんね。

 

元新聞記者、現在は魅力引き出すインタビュアーとして活動する、はにわの「インタビュー体験」。
詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

はにわツイッター(お気軽にフォローどうぞ)
https://twitter.com/haniwat
はにわフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。メッセージを添えて頂ければ承認致します)
https://www.facebook.com/satoshi.haniwa
はにわYou Tube(チャンネル登録よろしくお願いします)
https://www.youtube.com/user/haniwatravel
bottiフェイスブックページ(はにわのお仕事のページです)
https://www.facebook.com/haniwa.botti/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 自分のことをきちんと伝える、というお話

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@haniwap.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP